メディア情報 2015

メディアに取り上げられた情報です。年度別にご覧ください。

2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2006-2009 |

Forbes

「MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)」の挑戦

大阪の中小企業革命「おせっかい4.0」とは何か(Forbes9月号より引用)

201508_nouzeigepo

メーカー探訪 カタシモワインフード株式会社

ワイン作りを通じて、大阪のブドウ畑を後世につなぐ。(2015年8月号納税月報より引用)

150704_yomiurishinbun

[マチタビ] 柏原・堅下  私の青春 ブドウ畑

流れが変わったのは、大阪市外から1時間弱という地の利に着目し、外からお客様を呼び込んだからです。世界中を探しても、これほど大消費地に近いブドウ産地はありません。(2015年7月4日号読売新聞(夕刊)より引用)

201503_nonbeinews

たこシャン、味は辛口で天ぷらにまことによく合う。

大阪のぶどう農家と小さなワイナリーが手を組み、一本一本瓶内発酵で造った本格のスパークリングワインだという。(2015年酒在越後−のんべいニュース 春号より引用)

2015年Osaka City farmers

農業者セミナー 「農のカタチ」カフェ

生まれ育った柏原のまちの風土や風景を守り継いでいく。1日1日の縁がつながり今の商売がある(2015年Osaka City farmersより引用)

2015年TOYRO BUSINESS

ぶどう畑を守り、地域ブランド商品をつくる

柏原市の特産品であるデラウェアの出荷量や価格を維持するため、ワインに不向きな香りと言われる品種のデラウェアを使ったワインも開発している。(2015年TOYRO BUSINESSより引用)

創立45周年記念号BenBen45th

大弁協オリジナルワイン 製作奮闘記

大弁協オリジナルワインが出来上がるまでの、交流委員会メンバーによる、汗と涙と笑いの感動巨編を余すことなくドラマ化し、ご報告したいと思います。(創立45周年記念号BenBen45thより引用)

2015年読売新聞(夕刊)

ブドウ畑は地域の宝

祖父の代から続く同ワイナリーを経営する高井利洋社長(63)は「地域の宝のブドウ畑を残したい」と、近隣の農家から耕作放棄地約2fなどを借り、計3.5fで栽培する。(2015年2月9日号読売新聞(夕刊)より引用)

2015年毎日新聞

創業101年目 販路拡大に意欲

カタシモワインは高井社長の祖父が設立し、昨年、創業100周年を迎えた。(2015年1月21日号毎日新聞より引用)

2015年奈良新聞

大阪・柏原 「世界と並ぶ」目標に

かつてブドウの生産日本一を誇った大阪・河内地域でワインを醸造する老舗の「カタシモワインフード」(大阪府柏原市)が創業101年目に入った。(2015年1月19日号奈良新聞より引用)

2015年hitoiki

スパークリングワイン、日本の実力

たこシャン 府内で育てられたデラウェア種を使用した辛口の味わい。名前のとおり、粉ものにマッチする。(2015年hitoikiより引用)

2015年WINE WHAT

スパークリングワインは「語り」に欠かせない

たこシャン2013 大阪の食文化。そのひとつの誇り、たこ焼きとの相性にこだわった浪速のスパークリング”(2015年WINE WHATより引用)